毛穴 黒ずみ

毛穴のタイプ

顔の毛穴が詰まりやすいのは、体の毛穴と比べて皮脂腺が大きく、毛が細い(出口が小さい)ためです。黒い角栓が詰まって黒く見えますが、汚れが詰まっていなくても影で黒く見える場合もあります。

 

毛穴の大きさは髪の毛が太かったり細かったりするのと同じで、遺伝的な要素が大きいものです。毛穴のケアをしたからと言って、簡単に小さくなるものではありません。しかし、間違ったケアの方法や、加齢による老化で多少大きくなる場合はあります。

 

ビーグレンの浸透する毛穴ケアで若返り

 

毛穴には、角栓が出来て詰まった詰り毛穴と真皮のコラーゲンの減少、変性でおこるたるみ毛穴があり、それぞれケアの方法が違います。

 

詰り毛穴
間違った洗顔で、皮脂が残っていたり、こすり過ぎたりすると皮膚と古い角質が角栓となって毛穴にふたをしたものです。鼻や額など、Tゾーンに多くできます。

 

たるみ毛穴
加齢や紫外線によるフリーラジカルのダメージなどで真皮のコラーゲンが変性し、肌が毛穴を支えきれずにたるんで目立ったものです。ほおに
できやすいです。

つまり毛穴のケア

多くの人が考えるのが、鼻に貼って剥がす毛穴パック。角栓が気持ち良いほど取れるのですが、肌にあは刺激となり、繰り返すうちに返って毛穴が広がって大きくなってしまうこともあります。

 

つまり毛穴は、皮脂と古くなった角質が混ざって詰まっています。洗顔でしっかり皮脂の汚れを落とすことも勿論大切なのですが、余分な角質や古い角質を取り除くケアで改善できます。

 

酵素やクレイ洗顔、ピーリングで余分な角質を取り除くことで、肌を柔らかくして毛穴を目立たなくするのも良いでしょう。

 

酵素はタンパク質を分解する働きをするので、タンパク質でできている角質を取り除く働きをします。刺激があるので特に肌の弱い人は週1,2回、肌をこすらない用に注意しましょう。

 

最近話題のクレイ洗顔は、吸着、という新しい洗顔方法で、肌に優しいクレイの性質で、角栓をしっかり取り除き、肌に必要な皮脂を残し、潤いも与えます。クレンジングと洗顔のダブルの働きをします。

 

ピーリングは、AHA、BHA等の酸を使い、古い角質を取り除き、表皮のターンオーバーを高めて真皮のコラーゲンを増やす効果があります。ふき取るタイプは肌への刺激が強いので、洗い流せるタイプが良いでしょう。もし、使ってみてヒリヒリしたりしたり、肌が赤くなったりしたらすぐにやめましょう。

 

ピーリング後は肌が敏感になっていますから、敏感肌用の化粧品を使うとよいでしょう。油分の少ない保湿美容液がお勧めです。美容皮膚科で治療もできます。

たるみ毛穴のケア

涙毛穴と呼ばれることもあり、涙のように縦に長く広がっている毛穴です。真皮のコラーゲンが減少したり、変性したりするのが原因ですが、そのままにしておくとつながってシワになってしまいます。

 

加齢だけでなく、不規則な生活、タバコや紫外線等外的要因のダメージ、無理なダイエット等でも肌の老化は進みます。予防は早いうちからすることが大切です。

 

たるみ毛穴は、肌のターンオーバーを整え、真皮のコラーゲンを増やすケアをすることが有効です。ビタミンC、レチノールのほかに、最近注目されている成分がポリリン酸です。コラーゲンやヒアルロン酸を増やすFGF(繊維芽細胞増殖因子)の働きをたすけ、肌の若返りにより効果を発揮します。

 

毛穴ケアに有効な成分は、そのままでは真皮に届きません。これを肌の奥に届けるのが、国際特許の浸透テクノロジーを使った、ビーグレンのサイエンスコスメです。

 

→ さらにビーグレンのサイエンスコスメについてもっと詳しく読む。